お問い合わせ・ご相談蛍光灯飛散防止システム バンガード

ホーム > 取扱商品

バンガードとは、蛍光灯にとりつける無色透明のチューブで、既存の蛍光灯を強力な飛散防止タイプに変換します。

紫外線をカットし走光性を持つ虫の飛来を大幅に削減します。また、蛍光灯付近の商品等の変褪色劣化防止効果があります。

 

特徴

蛍光灯の飛散防止に最適!!

  • 走光性を持った昆虫の蛍光灯への飛来を削減
  • 万一の事故、災害時のガラスの飛散防止
  • 繰り返し使用可能で約10年間耐用
  • 陳列商品の変褪色、劣化の防止
  • 目や皮膚にやさしい照明
  • HACCP.AJVC認定商品
  • 特許取得商品
  • UVカット

HACCPとは?

HACCP(Hazard Analysisand Critical Control Point) は危害分析重要管理点と訳されます。食品の流通が地球規模になってきた現在では衛生管理手法も国際的に通用するものが必要となり、その救世主として脚光を 浴びたのが米国で開発された衛生管理手法「HACCP」システムです。バンガードは蛍光灯飛散防止チューブとして唯一、HACCP.AJVCの認定商品です。


大日本印刷株式会社C&Iビル食堂
真澄蔵元 宮坂醸造株式会社

バンガードの使い方

現在お使いの蛍光管をバンガードに通します。両端にシリコンキャップを固定するだけで、誰でも簡単に取り付ける事ができます。蛍光管の寿命がきても簡単に取り替えられ、繰り返し約10年使用可能です。

バンガードの主な機能

【UVカット】
● 陳列商品の変色・褪色・劣化等の防止。
● 目や皮膚に優しい照明。
● 左下の写真は、紫外線を照射すると発光するフィルムを使った実験です。バンガードは400nm以下の波長の紫外線を約99%カットしているため、チューブの部分は、まったく発光していません。ブラックライト(紫外線発光灯)で他社製品との違いがはっきりとわかります。
● 右下の写真はバンガードを使用しブラックライトを照射して変褪色劣化促進試験を行った結果です。
A.清酒 B.ビール C.ビタミン飲料 D.お茶(★印がバンガード装着試験管です)。

【飛散防止】
透明度が高く強靱なポリカーボネート製です。両端をシリコンキャップで固定することにより衝撃に強く、万一落下しても破片が飛び散らないことから、照明器具 のHACCP対策としてご利用いただいております。写真でお分かりのようにバンガードは他社品と違い、口金を強力に固定している為、ガラス片が飛散しません。

1.バンガード装着時の破損状態

2.A社製品

3.B社製品

※地上高4mから、コンクリート床面への落下状態です。

【防虫効果】
昆虫が強く感応する約400nm以下の紫外線をカット。飛翔昆虫が紫外線に感応し引き寄せられる習性を走行性と呼び、走行性を持った昆虫は全昆虫の約80%と言われています。バンガードは防虫にも最適です。


○防虫性能比較テスト結果
蛍光管及び蛍光管+
UVチューブ 虫除率
(%)
1.黄色カラード蛍光灯
2.低誘虫性蛍光灯
3.N社製チューブ
4.F社製チューブ
5.弊社バンガード 80.7
58.7
58.9
58.4
64.0

製品構成

チューブ PC樹脂製(ポリカーボネート樹脂)で、厚さ0.5mm、透明度が高く、光学特性に優れ耐衝撃・耐熱性にも強い樹脂です。
(耐熱温度は130?140℃)
キャップ 硬度30?40°シリコンゴム製です。
耐熱耐寒性に優れ、広い温度範囲でも圧縮復元性を有し電気的特性も高いゴムです。
(耐熱温度は280℃)

主用途

○ 食品業界におけるHACCP対策
○ 酒販店での日本酒、ワインの蛍光灯紫外線による変質劣化防止
○ 食品販売店での蛍光灯紫外線による商品の変褪色劣化防止
○ 電車車輌内蛍光灯飛散防止及び駅舎の防虫対策
○ 幼稚園、学校の教室内の蛍光灯飛散防止
○ ショーウインド等の蛍光灯の着色・装飾
 (カッティングシートとの併用)など
○ 自動販売機やコンビニエンスストアなどの防虫対策
※カッティングシートは中川ケミカルの登録商標です。

■関連商品

SCー76(透明飛散防止フィルム)を窓ガラスにお貼り頂くとさらに効果的です。透明度の高いフィルムで光を遮蔽しないため、商品や店内のイメージを損ないません。バンガード同様400nm以下の紫外線を99%遮断します。(詳しくは中川ケミカルまでお問い合わせ下さい)

注意

○ 蛍光管が熱している時に作業すると、火傷の原因となりますので蛍光管が冷めてから作業して下さい。
○ 蛍光管の取り付け、取り外しや器具清掃の時は必ず電源を切って下さい。感電の原因となります。
○ キャップ装着時、蛍光管に圧力が掛かりすぎないようお取り扱いにはご注意下さい。蛍光管に圧力が掛かり過ぎると口金部分が変形したり、蛍光管が破損する危険性が有ります。
○ シンナー等溶剤での清掃はお避け下さい。変色変形の原因になります。
○ 異常発光している蛍光灯は速やかに新しい蛍光灯とお取り替え下さい。バンガードが変形する恐れがあります。
○ お子様の手の届かないところでご使用、保管して下さい。

各種お問い合わせ先
株式会社シバタ 東京本社
TEL:03-3209-1771 / FAX:03-3209-9275
» お問い合わせフォーム

インフォメーション

  • 銅ベース価格推移一覧
  • マグネットワイヤのサンプル対応をいたします