お問い合わせ・ご相談磁性めっき線(FPW)

ホーム > 取扱商品 > マグネットワイヤ > 磁性めっき線(FPW)

磁性めっき線は、銅導体円周上に強磁性薄膜層が被覆され、その上にポリウレタン絶縁被膜層が焼付け処理されたものです。

磁性めっき線は、高周波用各種コイルへ使用することで従来のポリウレタン銅線よりもQ値を向上させ、高周波損失を10%低減させることができます。これは磁性薄膜層のシールド効果により、コイルに生じる近接効果、渦電流の影響を軽減し、導体の電流分布を均一にすることで、導体の実効抵抗(銅損失)を低減しうるためです。それにより電磁共鳴を用いた非接触給電方式における高周波損失に対しても効果を発揮、今後の高効率電源の普及による需要拡大が見込まれています。

→ 磁性めっき線を使用した電磁誘導コイルはこちら

磁性めっき線の特徴

  • 高周波コイルのQ特性が向上します。
  • はんだ付けが可能です。
  • 部品が小型化できます。
  • 高性能なコイルの設計が可能です。 

磁性めっき線の用途

高周波コイル、ディレーライン、高周波トランス、インダクター、無線給電用コイル

製造範囲(絶縁皮膜のUEのみ)※UE以外はお問い合わせ下さい。

記号 最高使用周波数帯(MHz) 絶縁皮膜 製造範囲(mm)
UEFPW 4.5 UE 0.05~0.12
10.7

構造

●測定例1 2UEFPW0.08φ4.5MHz用のf-Q特性

●測定例2 2UEFPW0.08φ10.7MHz用のf-Q特性

各種お問い合わせ先
株式会社シバタ 東京本社
TEL:03-3209-1771 / FAX:03-3209-9275
» お問い合わせフォーム

インフォメーション

  • 銅ベース価格推移一覧
  • マグネットワイヤのサンプル対応をいたします